狩野研究室

Vision/About Us

研究テーマ紹介

狩野研究室は、日本語や英語など自然言語をコンピュータで扱う「自然言語処理」の研究をしています。言語は人間の知能の中核であり、人間の知能を探求する科学的な側面と、人間と協調する知的システムを作るという工学的な応用が表裏になる挑戦的な分野です。
このページは、大学生・高校生・一般の方向けです。研究者・企業の方、研究の詳細を知りたい方は狩野准教授のページをご覧ください。


人間並みに言葉を操る対話システム

より人間に近い振る舞いをする対話システムの実現が、一つ目の研究の柱です。そのために必要な要素は多岐にわたると同時に未知のことが非常に多く挑戦的な課題です。話し言葉の分析、対話の戦略、発話の文生成、発話のタイミング、 心理言語学の応用、音声認識、音声合成などが含まれます。
これら要素の研究を進めつつ、統合された対話システムの構築を行います。そのような対話システムの構築においては、現実のフィールドでの実験とフィードバック、洗練が欠かせないため、下記のプロジェクトや、企業との連携による産業界の現場での実運用を目指しています。

人間により近い言語解析器

人間により近いモデルと動作による解析器を作成しています。これにより、さまざまな言語処理での性能向上を目指します。

人狼知能プロジェクト

会話ゲーム「人狼」をプレイする人工知能を作成するプロジェクトに参画しており、特に会話の理解・生成の自然言語処理部分に挑戦していきたいと考えています。
人狼知能プロジェクトのウェブサイト

文章の自動生成

対話システムの構築には文章の自動生成が欠かせません。対話システムに加えて、キャッチコピーや一般の文章の自動生成も対象に研究を行っています。また、チャットシステムやキャラクタの自動会話などに挑戦していきます。
情報学部の狩野研究室が電通と共同で広告コピー生成AIを開発
静岡新聞 広告コピー、AIが考案 静岡大と電通、システム共同開発
電通報 AIコピーライター、AICOだよ。

next

自然言語処理の応用

法律文書の処理と司法試験の自動解答

自然言語処理や質問応答に加え、論理や抽象といった高度な処理が必要になる、挑戦的な研究課題です。応用として、裁判など法律関係の仕事の自動化による支援が考えられます。

医療言語情報処理

電子カルテの処理など、医療テキストの処理を行っており、医師国家試験の自動解答はその一つです。また、医療言語処理を行うコンテスト型ワークショップNTCIR MedNLPシリーズのタスクを開催しています。また、JST CRESTの支援により精神科の診断支援、厚生労働科学研究費により電子カルテの自動処理などを研究の対象としており、目的の一つは、医療現場を助けることのできる診断支援システムの構築です。
中日新聞 静大のカルテ解析 国際大会で首位 紙面のPDF
静岡新聞 AI病名判断 静岡大チームが国際コンテスト首位 紙面のPDF
日本経済新聞 電子版 「医師国家試験に解答する人工知能 正答率40%超」

論文・専門文書のテキストマイニング

脳科学や生物学、医学の英語の論文、薬剤添付文書などを対象に、膨大な文献から薬剤や病気、治療法など新たな発見を導くテキストマイニングを行っています。 日々膨大な量の論文が公開されており、人間ではおいきれませんが、自然言語処理によって自動的に必要な情報を抽出します。

ウェブサイトやSNSデータのテキストマイニング

主に日本語を対象として、さまざまな個人の特性、意見や行動を表すデータを解析し、有用な推測を行えるようなシステムの構築をしたいと考えています。

統合全自動自然言語処理システム "Kachako"

国際標準フレームワーク UIMA に準拠した自動化支援の自然言語処理プラットフォームと世界最大の互換言語資源群を構築・統合し、より多くの人が容易に自然言語処理技術を利用できるようにするのが目標です。さまざまなツールやコーパス、機械学習手法を組み合わせて実行できるプラットフォームを構築しています。

大学入学試験の自動解答(ロボットは東大に入れるか)

大学入試センター試験社会科の自動解答に挑戦しています、さらにシステムを応用した質問応答システムとしての展開が考えられます。東ロボプロジェクトの模試チャレンジタスクは2016年で終了しました。
インプレス社 PC Watch の記事「今の人工知能に解ける問題と解けない問題~AIによる東大合格を目指すプロジェクト成果発表会レポート」

next

研究メンバー募集中

人間のことばや会話、人工知能に興味がある方、まだ誰もやったことがないことに一緒に挑戦しましょう!

研究室配属希望の学部生のみなさんへ

ISコース主担当ですが、CSコースおよびIDコースからも副担当として若干名受け入れる予定です。 研究内容や教員の人柄を知るために、狩野が担当する3年前期「データマイニング」の聴講を、初めの数回だけでもお勧めします。 志望を決める前に一度私と直接お話されることをお勧めします。少なくとも一年以上一緒にやっていくことになりますので、希望する内容の研究ができそうか、教員と相性が合うかを確認しておくとよいと思います。メールで直接アポイントを取ってください。連絡先はこちらです。 大学院への進学志望も大歓迎です。

受験生の皆さんへ

狩野研究室で卒業研究(研究室配属)をしたい場合は、「静岡大学 情報学部 行動情報学科」を受験してください。研究室配属は行動情報学科の学生が基本となる予定です。

Member


狩野 芳伸
狩野 芳伸
  • Associate Professor (Principle Investigator)
  • Research Subject : 自然言語処理、対話システム、テキストマイニング、人工知能
  • Hobby : 旅行、美味しいもの、研究?
  • Private Link : 狩野准教授のページ
崎下 雅仁
崎下 雅仁
  • Grade : M2
  • Research Subject : MEDNLP(医療言語処理)
  • Hobby : 車、MTB
島田 渉平
島田 渉平
  • Grade : M2
  • Research Subject : 音声認識、VR
  • Hobby : ドラム、耳かきボイス、CUBASEとの闘い
谷口 諒輔
谷口 諒輔
  • Grade : M2
  • Research Subject : 対話破綻検出、格文法
  • Hobby : 車、ピアノ、作曲
服部 充
服部 充
  • Grade : M2
  • Research Subject : 音声合成
  • Hobby : オーディオ、映画鑑賞
  • Private Link : Facebook
箕輪 峻
箕輪 峻
  • Grade : M2
  • Research Subject : 人狼知能
  • Hobby : ゲーム、読書
岩間 寛悟
岩間 寛悟
  • Grade : M1
  • Research Subject : 文章生成
  • Hobby : 作曲、ピアノ、写真
梶山 晃平
梶山 晃平
  • Grade : M1
  • Research Subject : 医療言語処理
  • Hobby : 筋トレ、音楽鑑賞
黒田 和矢
黒田 和矢
  • Grade : M1
  • Research Subject : 相槌生成
  • Hobby : イラスト、エレクトーン
柴 淳
柴 淳
  • Grade : M1
  • Research Subject : 人狼知能
  • Hobby : ボードゲーム
星野 玲那
星野 玲那
  • Grade : M1
  • Research Subject : 法律文書解析
  • Hobby : ゲーム
阿慶田 眞子
阿慶田 眞子
  • Grade : B4
  • Research Subject : 英語論文テキストマイニング
  • Hobby : 旅行、シュノーケリング
梅村 奏子
梅村 奏子
  • Grade : B4
  • Research Subject : メタファー生成
  • Hobby : 茶道
加藤 由美
加藤 由美
  • Grade : B4
  • Research Subject : 医療言語情報処理
  • Hobby : 読書、歌、散歩
林 隆児
林 隆児
  • Grade : B4
  • Research Subject : 法律文書解析
福野 将人
福野 将人
  • Grade : B4
  • Research Subject : 傾聴対話システム
  • Hobby : なんでも
三原 直樹
三原 直樹
  • Grade : B4
  • Research Subject : 人狼知能
  • Hobby : サーバーと寝る
渥美 和大
渥美 和大
  • Grade : B3
  • Research Subject : 文生成
  • Hobby : 映画鑑賞
清田 直希
清田 直希
  • Grade : B3
  • Research Subject : 述語項構造解析
  • Hobby : クイズ
小川 ちひろ
小川 ちひろ
  • Grade : B3
  • Research Subject : 医療言語処理
  • Hobby : 人をぬいぐるみで埋める
滝波 秋穂
滝波 秋穂
  • Grade : B3
  • Research Subject : 医療言語処理
  • Hobby : もふもふ
真木 裕子
真木 裕子
  • Grade : B3
  • Research Subject : 人狼知能
  • Hobby : ゲーム

It"s your turn!

卒業生はこちら

news

News


2018-07-12

新三年生の正式な研究室配属が決定し、新たに5人のメンバーを研究室に迎えました。

近日中に歓迎会を開催します。また、メンバー一覧は追って更新いたします。

2018-06-14

当研究室の黒田和矢君が2018年度「未踏IT人材発掘・育成事業」に採択されました。

「未踏事業」は、ITを駆使してイノベーションを創出することのできる独創的なアイディアと技術を有するとともに、これらを活用する優れた能力を持つ、突出した若い人材を発掘・育成することを目的としています。

未踏事業
https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/portal_index.html

2018年度採択結果
https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2018/koubokekka_index.html

2018-05-30

狩野准教授と雑誌編集者の対談記事がITMediaに掲載されました。

2018-03-21

毎年恒例の牡蠣パーティーが執り行われました。


2018-01-11

中日新聞社との研究協力による新聞記事見出しの自動生成が紹介されました。

中日新聞(東海本社版)1月1日朝刊1面等および中日新聞(名古屋本社版)1月9日朝刊24面に掲載されました。

一緒に新聞を作ろう 静大とコラボ 初の紙面化

AIの てにをは感じて 助詞に苦戦 進化は急速

これ以前のニュース

過去のニュースはこちら

publication

Publication


2016-12-12

Yoshinobu Kano. Between Platform and APIs: Kachako API for Developers. Third International Workshop on Worldwide Language Service Infrastructure and Second Workshop on Open Infrastructures and Analysis Frameworks for Human Language Technologies (WLSI3nOIAF2) at the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016). 2016/12/12

2016-12-11

Yoshinobu Kano. Answering Yes-No Questions by Penalty Scoring in History Subjects of University Entrance Examinations. Open Knowledge Base and Question Answering Workshop (OKBQA2016) at the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016). 2016/12/11.. 2016/12/12.

2016-12-11

Masahito Sakishita, Yoshinobu Kano. Inference of ICD Codes from Japanese Medical Records by Searching Disease Names. Clinical Natural Language Processing Workshop at the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016). 2016/12/11

2016-11-29

Yoshinobu Kano. Machine solves examinations: benchmarking natural language processing technology. Seminar in Institute of Information Science, Academia Sinica, Taiwan. 2016/11/29. 招待講演

2016-11-24

Yoshinobu Kano. Challenges in Natural Language Processing: Question Answering and Dialog System. Keynote Speech at IR Workshop 2016, Academia Sinica, Taiwan. 2016/11/24. 国際基調講演.

2016-11-15

Yoshinobu Kano. Table Data Extraction for Text Mining in Neuroscience Papers. First International Workshop on SCIentific DOCument Analysis (SCIDOCA 2016). 2016/11/15.

2016-11-15

Ryosuke Taniguchi, Yoshinobu Kano. Legal Yes/No Question Answering System using Case-Role Analysis. Competition on Legal Information Extraction/Entailment (COLIEE), Tenth International Workshop on Juris-informatics (JURISIN 2016). 2016/11/15.

2016-10-05

柴淳, 狩野芳伸. 単語の意味の距離から検出する会話破綻. 対話破綻検出チャレンジ, 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)第78回研究会第7回対話システムシンポジウム. 早稲田大学グリーンコンピューティングセンター. 2016/10/05

2016-10-03

狩野 芳伸. 自然言語処理のグランドチャレンジ~東ロボ、人狼知能、医療診断支援. 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究機構. 2016/10/03 招待講演

このほかの研究発表

発表や業績の全リストは狩野准教授のページ業績一覧略歴・社会活動・外部資金等をご覧ください。

contact

Contact


〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3-5-1 情報学部2号館
静岡大学情報学部行動情報学科 狩野研究室

狩野准教授の連絡先は kano@inf.shizuoka.ac.jp です(全角@を半角@に変えてください)

Copyright © 2017 Kano Laboratory